日本の葬儀のしきたり【横浜編】

近年では都市部の葬儀は簡素化されることも多く、東京都内だけでなく東京都に隣接している神奈川県のうちのとくに横浜市や川崎市にでも簡単な葬儀が行われることも多いです。
横浜市での葬儀では、人口が多いことによって火葬場が混みあっていることもあり、タイミングによっては故人が亡くなってから一週間以上予約が埋まっているために待ちになるケースもあり、地方からの参列者には驚かれることもあるほどです。しかし、横浜市内には全国でも珍しい民営の火葬場があることでも有名です。
一般的には、葬儀まで故人は自宅で安置されるということが多いものですが、マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる人も多いエリアであるために間取りの関係など住宅事情によっては難しいということもあります。その場合には、火葬場に設置されている冷蔵保管庫を利用したり、葬儀場に預けて通夜まで安置してもらうというサービスも行われています。
東日本エリアではとくに、通夜の後に参列者に飲み物や軽い食事をしてもらう通夜ぶるまいというのが行われており、西日本からの参列者には驚かれるしきたりです。御膳にお寿司やオードブル、煮物や漬物などが大皿で用意されており、参列者は一口でも飲食をして口を湿らせることが故人への供養になると言われています。遠慮をして辞退をすることはかえって失礼にも当たるものであり、一口、二口でも飲食をさせてもらい早々に帰るということも多いものです。

横浜周辺の葬儀の風習

葬儀の風習は、その地域ならではのさまざまなならわしが残っていることもありますが、神奈川県横浜市では都市部に多い簡素化された葬儀で行われることも多いものです。住んでいる地域の年配の人たちで構成される組織で葬儀の準備をしてもらうという昔ながらの隣組の風習も少なく、葬儀社に一切を任せてしまうケースも多いものです。
横浜市内では、マンションなどの集合住宅で暮らしているという人も多く、一軒家と違って間取りに制限があるために故人が亡くなってから葬儀を行うまでに安置させておく場所がないというケースも多く発生します。葬儀場では、通夜まで安置してもらうサービスも行われており、また火葬場でも冷蔵保存室が完備されていてドライアイスの交換もなく安心して預けることができます。
全国的に見ても都内同様に非常に人口が密集しているエリアでもあり、火葬場が混雑していることも多い地域です。人気の火葬場になれば故人が亡くなってから一週間以上も予約がいっぱいというタイミングにあたることもあり、地方に住んでいる人には驚かれることもあります。しかし、横浜市内には全国でも珍しい民間の火葬場があることも特徴的です。
また、通夜に来てもらった参列者に通夜後に通夜ぶるまいと呼ばれる飲み物や食べ物を用意する風習もあります。西日本ではほとんど見られないしきたりですが、一口でも飲食物を口にしてもらうことによって故人への供養になると言われています。

【神奈川・横浜】葬儀のマナー

横浜は、東京から近いので、通勤・通学が便利な一方、住宅地も多い立地です。
そのため、会社の退社後に通夜に参列するのも時間的に可能であり、会社や学校を休まなくても参列がしやすいことから、葬儀と通夜の参列者にばらつきが少なく、また、両方に参列する人も他の地域に比べて多いのが特徴です。
葬儀では、遺族をはじめとして、故人の知人や関係者、遺族の知人など、文字通り縁のある人が一堂に会します。
中には面識のない人同士がそこで初めて同席することも多いため、思わぬマナー違反をしないよう、細心の注意が必要です。
葬儀は、故人を偲んで集まる席なので、親せきや友人とも久しぶりに顔を合わせることも多いですが、旧交を温めるのはそこそこにして、故人を偲びましょう。
また、故人を悼む気持ちは誰も同じですが、遺族は葬儀やその後の手続きにも心を配らなければなりません。時には、気丈に手続きをする姿が事務的に映ることもありますが、参列者が遺族以上に悲しみを表に出し過ぎないように、ご遺族には哀悼の気持ちとともに、ご遺族自身のご苦労をねぎらったり、健康を気遣う一言を添えると慰めになります。
葬儀の席のマナーで特に気を付けたいのは、人の名前を出すことです。普段であれば、ほめる意味やいい意味で人の名前を出すのはばかりがありませんが、遺族や知人、関係者が一堂に会する席では立場が同じ人ばかりではありません。
誰かを褒めても、ほかの人の気分を損ねることもあるので、故人のことを偲ぶ話に絞っておくように心がけると安心です。