横浜周辺の葬儀の風習


葬儀の風習は、その地域ならではのさまざまなならわしが残っていることもありますが、神奈川県横浜市では都市部に多い簡素化された葬儀で行われることも多いものです。住んでいる地域の年配の人たちで構成される組織で葬儀の準備をしてもらうという昔ながらの隣組の風習も少なく、葬儀社に一切を任せてしまうケースも多いものです。
横浜市内では、マンションなどの集合住宅で暮らしているという人も多く、一軒家と違って間取りに制限があるために故人が亡くなってから葬儀を行うまでに安置させておく場所がないというケースも多く発生します。葬儀場では、通夜まで安置してもらうサービスも行われており、また火葬場でも冷蔵保存室が完備されていてドライアイスの交換もなく安心して預けることができます。
全国的に見ても都内同様に非常に人口が密集しているエリアでもあり、火葬場が混雑していることも多い地域です。人気の火葬場になれば故人が亡くなってから一週間以上も予約がいっぱいというタイミングにあたることもあり、地方に住んでいる人には驚かれることもあります。しかし、横浜市内には全国でも珍しい民間の火葬場があることも特徴的です。
また、通夜に来てもらった参列者に通夜後に通夜ぶるまいと呼ばれる飲み物や食べ物を用意する風習もあります。西日本ではほとんど見られないしきたりですが、一口でも飲食物を口にしてもらうことによって故人への供養になると言われています。