日本の葬儀のしきたり【横浜編】


近年では都市部の葬儀は簡素化されることも多く、東京都内だけでなく東京都に隣接している神奈川県のうちのとくに横浜市や川崎市にでも簡単な葬儀が行われることも多いです。
横浜市での葬儀では、人口が多いことによって火葬場が混みあっていることもあり、タイミングによっては故人が亡くなってから一週間以上予約が埋まっているために待ちになるケースもあり、地方からの参列者には驚かれることもあるほどです。しかし、横浜市内には全国でも珍しい民営の火葬場があることでも有名です。
一般的には、葬儀まで故人は自宅で安置されるということが多いものですが、マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる人も多いエリアであるために間取りの関係など住宅事情によっては難しいということもあります。その場合には、火葬場に設置されている冷蔵保管庫を利用したり、葬儀場に預けて通夜まで安置してもらうというサービスも行われています。
東日本エリアではとくに、通夜の後に参列者に飲み物や軽い食事をしてもらう通夜ぶるまいというのが行われており、西日本からの参列者には驚かれるしきたりです。御膳にお寿司やオードブル、煮物や漬物などが大皿で用意されており、参列者は一口でも飲食をして口を湿らせることが故人への供養になると言われています。遠慮をして辞退をすることはかえって失礼にも当たるものであり、一口、二口でも飲食をさせてもらい早々に帰るということも多いものです。